電子書籍

ブックパスは雑誌・コミック・ビジネス書読み放題!電子書籍の機能、料金、魅力を徹底解説

ブックパスとは

ブックパスは携帯キャリア会社のauが運営する電子書籍サービスで、読み放題のプランが話題を呼んでいます。もともとはauユーザー独自のサービスでしたが、携帯回線がau以外の方でも利用できるようになったので誰でも使うことができます。

 

ブックパス読み放題の仕組みとメリット

 

auブックパスには、雑誌だけが読み放題となるマガジンコース(月額418円)と総合コース(月額618円)の2つのコースがあります。

 

マガジンコースでは雑誌が300誌以上読み放題となり、他の雑誌読み放題サービスと比較しても豊富な品ぞろえで非常に評価が高いです。雑誌を1冊買うぐらいの値段で300誌以上が読み放題なのでかなりお得なサービスです。

 

総合コースでは、雑誌だけではなく、コミックからビジネス書まで幅広いジャンルの本が約3万冊ほど読み放題となります。他の月額制の読み放題サービスと比較してみると大手のAmazon Kindleが980円なのに対して読める冊数は少ないものの低額で多くの本を読めるのでコストパフォーマンスは非常に良いといえます。

 

読み放題コースには、30日間の無料体験期間がありますので、自分に合ったコースや自分の好みの本が読めるかなどを試す機会もあります。




 

読み放題のデメリット

非常に評価の高いブックパスの読み放題サービスでありますが、デメリットもあります。この点について説明していきます。

 

コミックや小説などは複数巻にわたることも多いのですが、全巻が読み放題となるわけではないということに注意が必要です。それでも全巻読み放題のシリーズもありますし、少なくても数巻は読み放題となっているので購入するよりもかなりお得という評価も多いです。

 

次は雑誌についてですが、雑誌は全ページが読めないものもあるということに注意が必要です。それでも大半のページは読めるので気にならないという評価もあります。他の読み放題のサービスでもこのようなデメリットはあるので、ブックパスだけに限ったことではないものとも言えます。

 

さらに、コミックや小説などのラインアップですが、人気のコミックや小説はほとんど読み放題に入っていないということにも注意が必要です。ほとんどの他のサービスでもそうなのですが、旧作中心となっています。人気のコミックや小説を読み放題だと考えられる方も少なくないので、この点は意識しておく必要があります。

Google Play ブックスは安いオーディオブックが購入できる!Google電子書籍を徹底解説Google Play ブックスの特徴は!オーディオブックが購入できる電子書籍を徹底解説します。是非、ご覧ください...

ブックパスの決済と利用方法

ブックパスの決済方法は、au利用者ならば毎月の携帯電話料金と合わせて支払えばよいのですが、au会員以外の方は、クレジットカードの登録が必要になります。これは少し面倒かもしれませんが、読み放題サービスを利用するためなので登録しておきましょう。

 

なにかと読み放題が話題になるブックパスですが、他の電子書籍ストアと同じく普通に電子書籍を販売しています。コインを購入することによって電子書籍を買うことができるのですが、キャンペーンでコインをかなり貯めることができますし、電子書籍全体のラインアップで見ると他のストアより見劣りがするので、わざわざこのストアでお金を払って購入する意味はあまりないと考えられます。

 

ブックパスで電子書籍を読むには、専用のアプリをパソコン・スマートフォン・タブレットにインストールすることになります。

 

ただし、アプリ内ではおすすめ作品が表示されるのみで本の検索ができないので、サイトへのアクセスが必要になってきます。さらに、ダウンロードした書籍の閲覧中に頻繁に読み込みが発生するという評判もあるので、アプリの使い勝手はあまり良くないようです。

 

関連サイト 月額980円で 好きなだけ読める
★初回30日間 無料体験(令和2年9月現在)

 

 

まとめ

ブックパスは、低額の利用料金で多くの雑誌、コミック、小説を読み放題にすることを可能にしたきわめてコストパフォーマンスの高いサービスであるということができます。本を1冊買うのと同じかそれより安い金額で、限りはありますが本が読み放題になるのは大きなポイントになっていると思います。

一方、デメリットでも挙げましたように、コミックで全巻が読み放題にならなかったりする作品があったり、旧作中心ですし、雑誌も全て読めないものがあったりと読み放題ゆえの制約があるわけですが、読み放題サービスでは、どのストアでも同じような状況なので、取り立ててブックパス特有のデメリットというわけではありません。

 

総合してみると、ブックパスの有効な使い方としては、読み放題があることがメリットでありこれに入らないのならば、他の電子書籍ストアを利用した方が品ぞろえの面から見てもよいことは間違いありません。読み放題で自分の読みたい作品があるのかどうか、契約する価値があるのかどうかは、30日間の無料体験がありますので、その期間で判断するのが一番の得策であるといえます。読みたい作品がたくさんあれば、このサービスはとてもお得なので利用する価値はかなり高いと思います。

 




ABOUT ME
goldblog
goldblog
東京都在住のトリップです。ここ最近の世界情勢からネットビジネスの世界に 足を踏み入れることになりすごく興味が出てきました。これからネット社会の 進歩は格段に速くなると言われ、勉強しなくては生きてないと自覚し、日々、 修行中でございます。 このサイトでは、今後、私が体験をした成功例、失敗例をもとに紹介をしていきたいと思います。宜しくお願い致します。