入院生活

【入院体験記】案外楽しんでいる入院生活 初めて脳神経内科に入院した時の話  その1

去年の8月は入院してました。

当時、同じお部屋に入院していた入院友達から 久々にLINE が来ました。

数日前に治療入院で同じお部屋に入院されたそうで、当時のメンバーがいないので寂しがってました。

一年、あっという間だな〜。

今回は、入院史上、最高に楽しかった一ヶ月弱を振り返ってみます。

と、その前に脳神経内科について軽く説明します。

脳神経内科の主な病気

脳神経内科は脳や脊髄神経筋肉の病気を診るのが内科です。

病名で言うと、

てんかん、片頭痛、脳梗塞、アルツハイマー病、パーキンソン病、重症筋無力症、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)などがあります。

病状としては、痺れやめまい、うまく力が入らない、歩きにくい、筋肉がやせる、筋肉の痛み、ふらつく、突っ張る、ひきつけ、むせる、喋りにくい、体の脱力、物が二重に見える、頭痛がする、勝手に手足や体が動いてしまう、物忘れ、意識障害などたくさんあります。

そういった症状が現れたとき、脳神経内科は全身を見ることができるので、どこの病気であるかを見極めてもらえるのが脳神経内科です。

私もまだ脳神経内科の病歴が浅くて詳しくは分からないところがたくさんあるのですが、難しい病気が多いということだけはなんとなくわかりました。

脳神経内科にお世話になる

私の場合はもともと膠原病の SLE という病気を発症しており、2年くらい前から足首から下に痺れを感じるようになりました。

まれに SLE の患者さんで神経障害を発症する方もいらっしゃるということで脳神経内科を紹介してもらいました。

詳しくは別のブログで書いていきたいと思います。

■入院時のベッド図解■

■今回の登場人物■

【Dおばちゃま】何度も入院されているベテランの患者さん明るくて笑い上戸な方

【Fおばちゃま】入院は今回初めてなのですが、病気の原因がわからずかれこれ2ヶ月ほど入院

【ダンシングベイビーお爺ちゃん】白髪のお爺ちゃん いつもデイルームのテレビの前に居る

右隣の【Dおばちゃま】と、お向かいの【Fおばちゃま】は、二人とも明るい方で、日中は仕切りのカーテンも開けっ放しで、私も雑談に加えてもらい、楽しく過ごさせてもらいました。

ある程度の検査が終わり、入院してから最初の土日、外泊許可が下りたので外泊することにしました。

土日は検査もなく、私の家は病院から自転車で10分ぐらいの距離にあったため、あっさりと外泊許可をいただきました。

ところがその日の夜、事件が起きたんです!

お家で一泊して病院へ戻ると、右隣ベッドの【Dおばちゃま】が「昨日お家に帰って大正解よ!大事件が起きたんだから 怖かったんだよ」と昨日の夜中に起きたことをお話ししてくれました。

【Dおばちゃま】「昨日病室の窓から花火も見れてみんなで花火鑑賞してたんだよ〜」

「その後夜中に変なおじさんが現れて怖かったんだから  ねぇ?」

【Fおばちゃま】「うんうん」

】「えー!そんな事件起きてたの?」

【Dおばちゃま】「下半身、紙おむつ一枚で、上は長袖のパジャマ一枚着た白髪のお爺ちゃんが夜中に現れて、ブツブツ言ってたの〜しかも裸足で歩いてた」

】「へ \(◎o◎)/!?!?」

「山下 清画伯じゃん (笑)」

「ボケ? それともただの寝ぼけ?」

【Fおばちゃま】「う〜ん、、、何とも言えない感じ」

【Dおばちゃま】「ここの科に入院するぐらいだから訳ありじゃない?」

】「ここってそういう科なの?」

【Dおばちゃま】「たまぁに、叫んでる人とかいるよ」

】「えぇ〜っ!そうなんだ。それにしても、下おむつ一枚って、、、笑える」

【Dおばちゃま】くっくっく、、(笑)

【Fおばちゃま】くっくっく、、、(笑)

3人とも大声で笑っちゃいけないので笑い声が出ないように必死で堪えてました。

】「昔、20年くらい前にダンシングベイビーって流行ったの覚えてる? おむつ1枚で赤ちゃんがダンスしてるやつ  これこれ〜(スマホで画像検索)」




】「お爺ちゃんだから、ダンシングオールドベイビーになるか!」

3人とも爆笑ヽ(=´▽`=)ノwww

お腹抱えて涙流しながら笑ってました。

お部屋の並びが男性部屋、女性部屋と交互になっていたので、おじいちゃん間違えて入ってきちゃったのかねと話していたのですが真相は分からずにいました。

数日、ダンシングオールドベイビーネタで笑うことがあったのですが、日が経つにつれて、お爺ちゃんの正体がわかってきました。

どうやら隣の男性部屋のお爺さんがお部屋を間違えて入ってきちゃったみたいです。

お爺ちゃんの特徴を伺っていると、いつもデイルームでテレビの前に座っている方だと判明しました。

】「そのおじいちゃん、デイルームで話するんだけど、たまに会話が噛み合わなくなるんだよね」

】「やっぱ、痴呆症とか認知症なのかねぇ~」と、今回の珍事件は終了しました。

1泊外泊のお土産

自宅から病院に戻る際に喜ばれたお土産がありました。

それは実家でつけた梅干しでした!!

【Fおばちゃま】はおかゆ生活になってしまい、おかゆだとあまり食が進まないと言っていたのを思い出し、梅干しならご飯が進むかもと思い一粒ずつ小袋に詰めて持ち帰りました。

お土産にと渡したところ、美味しいと喜んでくれました。

私もその年、父方の実家に帰った際梅干しをつけていることを知り、食べたところ酸っぱくてしょっぱい懐かしい味の梅干しで気に入ったため多めに持ち帰ってきたものでした。

最近の梅干しは蜂蜜を使ってつけた甘めの梅干しが主流で昔ながらの酸っぱくてしょっぱい梅干しがなかなかなかったので自分も気に入っていたのですがちょっとずつお裾分けしたところ大変評判が良く喜んでもらえて嬉しくなりました。٩(๑´3`๑)۶

あまり天日干しをしていないので果肉は瑞々しさが残っており、お塩は沖縄の【ぬちまーす】という塩で漬けるとまろやかに仕上がるそうです。

【Fおばちゃま】も梅干しでご飯が進んだようです。

良かった良かった٩(๑´3`๑)۶

その後、【Dおばちゃま】も【Fおばちゃま】も私より先に退院されてしまったのですが、新しい患者さんも入院し、次なる事件に遭遇することになるのです。

今回はここで終了し、第2段で書いていこうと思います。

次回の予告

【8人部屋のうち4人が20代で埋まり、学生寮みたいな雰囲気になった話】です。

 




ABOUT ME
goldblog
goldblog
東京都在住のトリップです。ここ最近の世界情勢からネットビジネスの世界に 足を踏み入れることになりすごく興味が出てきました。これからネット社会の 進歩は格段に速くなると言われ、勉強しなくては生きてないと自覚し、日々、 修行中でございます。 このサイトでは、今後、私が体験をした成功例、失敗例をもとに紹介をしていきたいと思います。宜しくお願い致します。