電子書籍

電子書籍Kinoppyの特徴は?機能と料金と魅力を徹底解説

Kinoppyは、大手書店である紀伊国屋書店が運営しているサービスで、紙の本と電子書籍の共存を目指した電子書籍サービスであると言われています。

 

Kinoppyの特徴

 

Kinoppyは電子書籍はもちろんのこと、実際の店舗を持つ書店としての強みを生かして紙の本までも取り扱っているハイブリッドな電子書籍ストアです。Kinoppyで紙の本を注文すれば、近くの紀伊国屋書店の店舗で受け取ることができるので、電子書籍ストアでありながらも、紙の本の購入にも便利なサービスであるといえます。

 

さらに、国内の電子書籍ストアでは珍しく、洋書の品ぞろえも豊富です。AmazonのKindleにはない洋書もKinoppyには売っていることがあると評判なので、洋書ファンの方にとっては欠かせない電子書籍ストアなのかもしれません。

 

Kinoppyでは、コミックを中心に無料本も充実しており、1500冊を超える書籍が無料になっているといわれています。コミックが全巻無料になることもあるのでコミックが好きな方はチェックしておくとよいかもしれません。

 

さらに、実際の店舗と連動して共通のポイントサービスも行っているので、ここも実店舗がある紀伊国屋書店ならではのサービスといえると思います。




Kinoppyの決済と利用方法

Kinoppyの決済方法としては、クレジットカード、紀伊国屋書店ギフトカード、Vプリカ、携帯キャリア決済、 WebMoney、BitCash、 Apple ID決済とある程度豊富な決済手段が用意されているので、十分ではないかと思います。

 

Kinoppyで購入した電子書籍を読むには、無料のアプリである「kinoppy」を手持ちのパソコン・スマートフォン・タブレットにインストールすればよく、マルチデバイス対応なので、家ではパソコンで、外出先ではスマートフォンでと、自分の好きな場所で好きな端末で電子書籍を楽しむことができるので、非常に便利です。

 

このアプリは非常に評判がよいです。電子書籍をスマートフォンにダウンロードしていると、すぐに容量が限界に来てしまう方も多いと思います。そのため、削除したり入れたりして自分が何を持っているのか分からなくなる方もいると思いますが、Kinoppyでは表紙だけ残せるのでこのような心配はなくなります。

 

さらに、本棚機能が充実しているので自分のコレクションした本が並んでいるのを眺めているだけでも満足感があります。条件によって本を並べたりする機能もあるので非常に便利です。

 

また、紙の本をpdf化したいわゆる「自炊データ」を取り込むこともできます。これはKinoppyにしかない機能であり、ユーザーに高い評価を受けています。Dropboxと連動していることもKinoppyだけの特徴です。

 

このようにKinoppyのリーダーアプリの機能は多彩で評価も高いです。一方で、本の検索はしづらい面もあり、この点では、それほど便利にはなっていないようです。

電子書籍BookLive!はTポイントが使える 特徴と機能・料金・魅力を徹底解説電子書籍BookLive!の特徴は、機能と料金と魅力を徹底解説致します。是非、ご覧ください。...

Kinoppyのデメリット

Kinoppyは好評価が目立つのですがデメリットもあります。Amazon Kindleや楽天Koboと比べると取り扱っている書籍数が10~20万冊ほど少ないです。それだけに欲しい本がKinoppyでは見つからないということもあり得るので、この点はユーザーの感じ方によるような気もします。

 

ハイブリッド書店としては、hontoというサービスもあるのですが、このサービスに比べて会員に付与されるポイントの多さやランクの上がる速さがhontoの方がよいといわれています。ポイントを重視する方にとってはこれは大きなデメリットになりうる要素だと思われます。

関連サイト 月額980円で 好きなだけ読める
★初回30日間 無料体験

 

まとめ

 

Kinoppyは大手書店の紀伊国屋書店が運営しているだけあって、紙の本との共存を図るような店頭無料受け取りサービス、ポイントサービスなども充実しています。洋書が充実していることも洋書が好きな方にとってはかなり大きなポイントとなる長所です。無料本も充実しているのでちょっとのぞいてみるだけでも楽しいかもしれません。

 

Kinoppyのリーダーアプリの機能も充実していてpdfを読み込むことができるところなどは、他の電子書籍サービスにはないものであり、非常に評価が高いです。本棚機能などデザイン面にも気を配っており、実際に店舗を構える書店ならではの使いやすさであるといえます。

 

本のラインアップがAmazonなどよりやや少ないことやポイントサービスの面など気にされる方もいるでしょうが、それほどのマイナスポイントとは言えない面もあります。

 

紙の本と電子書籍の共存を図るというKinoppyの経営理念は、かなりの程度成功していて、オンラインの店舗だけしかないサイトとはまた違った独特の雰囲気を出しているので、電子書籍選びの大きな選択肢となるでしょう。

 




ABOUT ME
goldblog
goldblog
東京都在住のトリップです。ここ最近の世界情勢からネットビジネスの世界に 足を踏み入れることになりすごく興味が出てきました。これからネット社会の 進歩は格段に速くなると言われ、勉強しなくては生きてないと自覚し、日々、 修行中でございます。 このサイトでは、今後、私が体験をした成功例、失敗例をもとに紹介をしていきたいと思います。宜しくお願い致します。